いぼの治し方でおすすめなのは?



イボの治療は諦めなくても大丈夫です。

一度出来るとなかなか断ち切るのが大変な皮膚疾患の一つであるイボ。イボに持つ人の多くが、ぶりかえしたり、大きくなっていったり、増えていったりして悩んでいます。

ですが治療方法がいくつかあるのでご紹介します。ここでは病院に行って行う治療法と自宅で行える治療方法を紹介します。
 

病院ではどんな治療をするのか?

イボは皮膚疾患ですから、当然受診するのは皮膚科ということになります。では、皮膚科ではどんな治療をするのかご紹介したいと思います。

病院治療で有名なのが窒素治療です。液体窒素を綿棒のような形にした脱脂綿に染み込ませて、幹部に直接押し付けて、幹部の表面を凍らせていわば、壊死させるようにします。壊死させた部分を削っていくのです。

イボは、そもそもウィルスによるものですから、ウィルスの繁殖している部分を刺激するから、ウィルスが増殖して、イボが増えたり大きくなったりすることに繋がるのです。

なので、一旦壊死をさせて、ウィルスも活動していない部分を削ぎ落して徐々に徐々に小さくしていくというのがこの治療方法です。

この方法は、イボが大きいうちは痛みもそんなに感じないのですが、治療が進むにつれて、健康な皮膚と神経に近づくから痛みが出てくることで有名で、その痛みが原因で治療を断念する人が多いのもまた事実です。

また、前述したようにイボはウィルスによるものですから、皮膚科によっては抗生剤を処方してくれるところもあるようです。

イボのウィルスと戦える体質になる手伝いをするといったイメージでしょうか。薬を服用するだけなので窒素治療のような痛みは伴いません。

ただし、この方法一本ではなかなか根治には至らない、あるいは相当な時間が必要と思った方が良いでしょう。

 

イボのできてしまった場所にもよりますが・・・

絆創膏タイプの貼り薬も処方してくれるところもあります。皮膚を薬剤でふやかして、ふやかした部分を少しずつ削り落とすというやり方です。

これは処方されたものを幹部に数日貼っているとふやけます。基本的には薬を貼っているだけで良いので、コンスタントに病院へ通院することが難しい人にとってはありがたい薬です。

ただ、気を付けなくてはいけないのは、薬剤はイボだけでなく、健康な皮膚にも影響を与えるので、医師の説明に従って正しく使用していく必要がありますので、お気を付けください。

 

イボのレーザー治療について

レーザー治療を行っている病院もあるようですが、これについては設備のある病院とそうでない病院があると思うので問い合わせが必要になります。

また、イボは大きくなって根が深くなると「どこまでが必要か」という点の見極めが難しくなり、レーザーで治療しても根っこが残っていたらぶり返す恐れがあるので、治療としては行える段階も限られているのかもしれません。

病院で受けられる治療としては以上のものが中心になると思います。これらのうちどれかを採用しているのか、あるいは複合的に組み合わせて治療をしていくのか、病院へ問い合わせて見るのが良いでしょう。

また、なんと言っても病院に行くメリットは専門家に、その時々の状態を見てもらいながら治療の進捗具合を確認できるという点でしょう。
 

自宅で出来る治療法もある

自宅での治療として有名なのが「イボコロリ」という薬を使った治療です。これは前述した病院での貼り薬に似た方法です。

「イボコロリ」という名前でポロッとイボが取れることを思い描きがちですが、これも少しずつ削る作業が必要なことが多いようです。

あるいは小さいうちには取れるようにしてイボの治療が進むこともあるのかもしれませんが、誤解をされませんようにお願いいたします。

この治療方法のメリットとしてはドラッグストアなどで手軽に購入出来るということが何より大きいと思います。ただし、これも使用上の注意などをしっかりと読んだ上で、正しく使用することが必須となります。

もちろんイボ治療でも顔などの皮膚のデリケートな部位によっては使えないものも多いです。

自宅でできる他のイボの治療方法としては?

 
他にも自宅で出来る治療方法としては、はと麦茶を飲むというのも良く言われています。

ここまでウィルスによるイボの治療を中心に話してきていますが、はと麦茶の効能が作用するのは体質によるもののと思っていただければと思います。

例えば、老齢や肥満といった体質に起因するイボもあり、それらについて、はと麦に豊富に含まれる肌に良い成分が作用してくれるようです。

はと麦の中に含まれる成分が、余分な水分や老廃物を排出する手伝いをしてくれるようです。もちろん食事療法で、体質改善を目指すものです。

即効性は期待できませんが、新たなイボを作らない、増やさない、ということを目指すうえで他の治療と併せていくのは効果的かもしれません。

漢方薬としてはヨクイニンというものになります。ヨクイニンはハト麦の種子から抽出される成分で、はと麦を積極的にとり入れるのが難しい方におすすめです。

 

その他の民間療法としては?

いわゆる民間療法として「イボにはナスが効く」とか「イチジクの汁を」とかいう話も聞きます。それらにも多少イボに良い効能が含まれているようです。

しかし、それらを使った民間療法は治療方法が曖昧ですので、却って悪化をさせることに繋がりかねませんので、試みる時には自己責任で行う必要があります。

イボが出来た時には、基本的に刺激を与えないというのが前提なので、これらで間違った刺激を与えて悪化をさせることは避けたいものです。
 

まとめ

イボはウィルス性であるものが殆どなので、もちろん肌を清潔に保つというのは大前提として必要です。また、イボのウィルスに負けないよう、心身の調子を整えることもイボの予防に有効であると考えられます。

見た目にも気になるイボですが、正しく治療をして根治を目指しましょう。決してあきらめる必要はありません。