ヨクイニンの効果や飲む期間は?イボは治る?



顔や首にイボが出来ると気になってさわってしまって悪化したという事があるのではないでしょうか。ヨクイニンという商品を知っているでしょうか。

この商品は昔からイボ取り薬として重宝されてきており昔から使われてきています。では、ヨクイニンとはどんなものなのか、本当に効果があるのかを紹介したいと思います。

なぜヨクイニンでイボは治るのか?

ヨクイニンは昔からイボ取りとして有名で皮膚科のお医者さんもその効能を認めるほどの効果があると言われています。皮膚科のお医者さんが認めるということはイボに効く成分が入っているという事だと思います。

また、ヨクイニンはナイアシン、ビタミンB群などの栄養素が主に含まれているので皮膚の新陳代謝を高めたり、イボももちろん魚の目にも効果があると言われています。

それだけでなく、免疫力を高める効果もあるので風邪も引きにくいといわれていたり、新陳代謝がよくなるのでお肌にも効果的で、ダイエットに役立つといわれています。このような事から女性にオススメする商品です。

ヨクイニンを飲み始めてからイボが治るまでの期間は?

もちろん個人差があり、効果があった人なかった人などたくさんあります。また、自分の生活スタイルなどでも効果は違いますし、飲む時間帯でも効果が変わってくるといわれています。

ですが、基本的にすぐに効果があるわけではないのでしばらく飲み続けなければいけないといわれています。早いと2~3ヶ月で徐々に良くなるといわれ、最低でも半年くらいは治るのに時間がかかるといわれているので根気良く続ける事が大切です。

注意しなくてはいけないのは、飲み始めて効果がないままやめてしまうと抗体が完全に出来ていないことがあるので、またいぼが出来てしまう可能性があるので気をつけましょう。

病院で処方されるヨクイニンと市販のヨクイニンの違い

市販のものだと粉薬から錠剤まであり好きな方を選ぶことができます。市販のものはいくつかのメーカーから出ているので自分が好きなものを選ぶといいです。

また、皮膚科などに行くと漢方のヨクイニンで治療していきます。また、漢方の方が美白効果、利水効果など他にも効果がるので幅広く効果が期待出来るのでオススメです。

また、病院だと3割負担なので薬としての治療代は安くすみます。市販のものでももちろん効果があるので医者に行くのに抵抗がある人は市販薬から試してみると良いです。

ですが、両方に共通する事は即効性はないのである程度長いスパンで考えなければいけません。

何ヶ月も飲まなければいけないので自分が続けられると思うものを選びましょう

もし、ヨクイニンに関して不安な事があるなら病院で医師に診断してもらうと良いと思います。最初は市販薬で試してみてそれでもどうしても良くならない場合は、皮膚科に相談してみる事をオススメします。

市販薬はニキビのシミ、ソバカス、アトピー性皮膚炎にも効果的なのでこのような症状にも悩んでいる場合は、皮膚科に相談してもらうと良いです。

ヨクイニンは体に優しい

また、ヨクイニンの良いところは天然成分で構成されているので体に優しいところです。副作用は基本的にないといわれているのです。

が、稀に蕁麻疹の発疹、胃の不快感、下痢などの症状が出る人もいるので初めて飲んだ後は少し様子を見ておくほうが良いです。市販薬なら錠剤タイプ、粒タイプのものが市販されているのです。

病院は保険が適応されているので長く通うなら皮膚科の方がやすい可能性があります。もし、市販のヨクイニンにあまり効果を感じなければ皮膚科に行って相談する事をオススメします。

このようにイボで悩んでいる人はヨクイニンである程度良くなるので是非、使ってみることをオススメします。きちんとケアをして少しでもよくなるようにしましょう。

 

ヨクイニンは基礎化粧品としても使われています

肌荒れ改善の効果からヨクイニンエキス(ハトムギエキス)は基礎化粧品にも頻繁に使われている成分です。イボ改善向けに作られている商品もあり、化粧水や美容液をはじめオールインワンジェル、美容オイルなど、それほど数は多くないですがあります。

漢方のヨクイニンと合わせてヨクイニンの入った基礎化粧品を使うのも、イボ改善には良いです。

特におすすめなのが、ヨクイニンエキスの入ったオールインワンジェルで、化粧水や美容液などなど、多くのヨクイニンエキスの入った基礎化粧品を買い揃える必要がないので結果的に安上がりとなります。

ヨクイニンの入ったオールインワンジェルで代表的なのは艶つや習慣です。イボのスキンケアで気になった方は公式サイトで詳しくチェックしてみてくださいね。

>艶つや習慣公式サイト