顔イボはレーザー手術が手っとり早いの?



顔にイボがある人はなんとかして取りたいと思った人もいるのではないでしょうか。しかし、イボを取るとなると手術となるため怖くて出来ないという人も多いと思います。

ですので、そのまま放置しておくという人は少なくはないのですが、中には放置してはいけないイボもあり、そういう場合は手術が必要になります。では、実際に顔イボの手術はどうなのか紹介します。

顔イボのレーザー手術の痛みは?痛いの?

病院でイボの治療をする場合にはレーザーを用いて手術をする場合があります。そこで、痛みについてですが、いぼが発生している部分に局所麻酔をするので痛みを感じることはないのでもし、痛みが不安な人がいたら心配をする必要はありません。

そして、レーザー治療ならあとも残りにくいのでレーザーで除去する事をオススメします。
 

顔イボのレーザー手術の治療費用の相場は?保険は利く?

実は顔イボのレーザー手術は保険が効く場合と効かない場合があります。保険が効かない場合は、自由診療という事になるので病院ごとに値段が変わってきます。

例えば1つで5000円や10000円の場合もありますし、1mmで2000円など良心的なところからびっくりする値段のところまで本当に様々なので前もって電話などで確認しておくと良いでしょう。

ですが、やはり、保険が効く方が圧倒的に安く、一回の通院で2000円前後という病院が多いので、保険が効く病院をあらかじめ調べておくことが大切です。前もって電話をして保険が効くかどうか調べておきましょう。
 

レーザー治療までする必要がある?自分で治すおすすめ方法は?

レーザー治療をして治すのも一つの方法ですが、お金もかかりますし、いくら痛みがほとんどないといっても局所麻酔をするので注射が苦手という人もたくさんいます。

そういう人は実は自分で治す方法もあります。それは、「ヨクイニン」というもので、これはハトムギの実から出来た成分です。これをイボに塗る事で除去できる場合もあるので試してみるのも一つの方法です。

ヨクイニンは肌に適した成分が多く含まれており、皮膚に溜まった老廃物や不要なものを除去する効果があるためイボに効くといわれています。

また、肌の新陳代謝を促す作用もあるため美肌効果にもなるのでオススメです。このヨクイニンは体の内部からイボを治療することが出来るので自然とイボを消す事が出来るのですが、ウイルス性のイボには効果がなく、老人性のイボにだけ有効なので覚えておきましょう。

そして、ヨクイニンはハトムギ茶に多く含まれていたり、サプリメントなどでも摂取できるので積極的に取るのもオススメです。
 

規則正しい生活をするのも良いです

イボを早く治したい場合には規則正しい生活をするのも良いです。イボは新陳代謝が悪いとイボを改善することが難しくなります。

ですので、少しでも早く治したければバランスの良い食事、適度な運動、入浴をするなど基本的な生活をこころがけて健康を保てるようにしましょう。

これらはすべて新陳代謝を良くするための生活なので意識すると良いです。もちろんお風呂上がりにイボ、お肌を乾燥させないために、化粧水や保湿液などが一緒になったオールインジェルなどでしっかりとイボをケアしてあげたいです。

ハトムギエキスが配合されている『艶つや習慣』というオールインワンジェルもありますので、お風呂上がりなどでのイボのケアに試してみてはどうでしょうか?

 

自分でイボを傷つけることはNG?

イボが気になるからといって絶対にやってはいけない事は、自分で切るという事です。

これは、イボが広がる原因になったり傷口からウイルスが侵入する原因になるため症状が悪化してしまう場合があります。ですので、素人がイボを切ってなくすという事だけは絶対にやめましょう。

また、最悪、イボを切ったところが一生残ってしまうという事になりかねません。絶対にやめましょう。もし、イボを取りたいと思ったら医師に相談するのが一番確実で安全な方法なので覚えておくと良いです。

また、イボの部分を清潔に保つ事が大切なのでむやみにイボを手で触る事はやめましょう。顔に出来るいぼには種類があります。

まずは、原因をしっかりと把握してこれ以上イボを増やさないようにするのが一番大切なので規則正しい生活をまずは心がけてください。

そして、ウイルス性のイボができた場合は周りにうつしてしまう可能性が高いのですぐに病院へ行く必要があります。そして、家庭内でも感染者が出ないようにタオルをわけるなどの工夫をしてください。

これらの事に気をつけていけばイボを最小限に抑えられます。是非覚えておいてください。