イボの治療で皮膚科へ行きました



皮膚科の治療で、液体窒素でイボを焼く治療を
20回ほど受けましたが、
イボを完治させることができませんでした。

正直、治療費も安くはなかったので、
効果のでない治療にお金は払いたくないと思い、皮膚科へ行くのを辞めました。

他の皮膚科も探しましたが、実際、治療で通うとなると
距離や時間などの問題もあり、新しい皮膚科の開拓を断念。

自分でイボに効く治療を探すことにしました。

皮膚科での経験でイボの組織を低温火傷させるのは、
イボに効く治療としてアリだとは思っていました。

イボが一時的に小さくなることもありましたし。

なので、皮膚科へ行くのをやめた後も
スーパーでアイスや冷凍食品を買ったついでに貰える

ドライアイスを使い、自分でイボを焼き治療。

頻度としては2週間に一度くらい。

イボに効く治療としては皮膚科へ行くのと変わらないくらいの
効果があったように思います。

あくまで個人的な感想ですが。

半年くらいイボに効く治療としてドライアイスを使って低温火傷させ、
イボの組織を攻撃し続けましたが、
それでもやはり、イボは完治しませんでした。

あきらめずイボに効く治療法を探していると、
インターネットでヨクイニンという漢方薬を発見しました。

効能としては、イボや皮膚の荒れを治すものです。

ヨクイニンはイボに効く治療でした。飲み始めて感じたことは…

イボの拡大が止まった!
若干イボが小さくなった!
イボ自体の再生能力が低下した!

自分の飲んでいるヨクイニンは錠剤で、一日に18錠も飲まなければなりませんが、
イボに効く治療としては、効果があると判断しました。

この頃は、治療の期待感から、イボに対しての悩みが
減ったように思います。