ヨクイニンとは?

イボを治すための漢方薬として、昔から飲まれているのが、ヨクイニンです。ヨクイニンとは、ハトムギの皮を除いた種で、昔からお肌のために用いられてきた生薬です。下の写真はハトムギの写真です。

ヨクイニン

イボ改善だけではなく、お肌の健康を保つ効果も期待できるお肌系の漢方薬です。ヨクイニンはドラッグストアや通販でも購入でき、簡単に手に入れることができる漢方薬です。錠剤タイプのヨクイニンを毎日飲み続けてイボ改善を目指すのが一般的です。

また漢方薬以外だとハトムギエキスという成分名が配合されている商品はイボ改善向けに作られているものが多いです。

ヨクイニンの効果について

ヨクイニンはイボ取りが代表的な効果として知られていますが、その他にも・・・

  • 美肌効果
  • 抗アレルギー効果
  • アトピー性皮膚炎
  • 尋常性白斑
  • 抗癌効果

などなど幅広い効果で研究がされているようです。

特に美容効果は期待されていて、ハトムギを使った料理なでも人気です。ハトムギの粉末を使った焼き菓子や、茹でたハトムギを使ったご飯類、ハトムギ茶は言うまでもありませんね。

ただヨクイニンの残念なところは良くも悪くも効果的に弱く、即効で治るようなものではないということ。しかし、すぐに改善する効果はありませんが、肌の良化につれてイボの状態は少しずつですが良くなっていきます。

 

漢方のヨクイニンとして飲んでいたのは?

ヨクイニン錠

漢方のヨクイニンとして飲んでいたのが一般的なヨクイニンで、クラシエ薬品が販売しているカンポウ専科の『ヨクイニン』です。

1日あたりのヨクイニンエキス1,500mgで、何ヶ月間も毎日18錠も飲んでいました。漢方のヨクイニンだけでは完全に治らなかったものの少し良く肌・イボの状態は良化し、大変お世話になりました。
 

顔のイボにヨクイニン

y_ph06

顔のイボは強敵です。なぜか?それは顔に使えるイボの治療薬が非常に少ないことにあります。足などにできたイボは液体窒素で焼いたり、それこそイボころりのような強力な対策があります。

しかし顔は足などと違っててデリケートなお肌ですし、痕が残るのもいや!という方も多いと思います。なので、強い塗り薬系は特にないのです。実際に皮膚科にいっても塗り薬的なものはくれませんでした。

ただただ液体窒素で焼くだけ。それで治るのであれば、それでも良いのですがまったく治らなかったのが実際のところです。管理人の場合は液体窒素での解決をあきらめました。

地道でも少しずつ、良くなれば!と始めたのが漢方のヨクイニンです。飲み始めて間もなく、イボの巨大化にストップがかかったのが、本格的に飲み始めるきっかけになったと思います。

それと顔のイボでも関係なくヨクイニンは飲めますし、大変助かりました。
 

ヨクイニンを飲み始めてから

y_ph07

それまで治る気配がまったくなかったイボが・・・完全になくなりました。しかし期間だけは物凄くかかっています。半年以上は飲み続けたと思います。。。

ちなみにですが吹き出物がすぐにイボと気付けなかったので飲み始める前にすでに一年以上も放置していたため長いこと悩んでいました。そのイボがなくなっただけでも、本当に助かりました。なんせ、顔のイボですからね。。。

しかし上でも説明しましたがヨクイニンを飲んでも、すぐにイボは治らない!だから・・・

長期戦を考え540錠入りがおすすめです

なのですが価格は…

  • 楽天通販だと1450円
  • ドラッグストアだと2980円
  •  
    とドラッグストアで購入するよりもweb通販で購入する方が圧倒的に安いです。ドラッグストアでももちろん売っていますので、お急ぎの方はお近くのドラッグストアを探してみてください。

    >ヨクイニンを通販で安く買う方法はこちら

    またイボ改善は、ヨクイニンだけでは厳しいかもしれません
    (管理人も効果はあったけど無理でした)

    なので、イボ対策に使える美容液クリームを併用するのがおすすめなのです。顔などデリケートなお肌に使えるイボ対策用の塗り薬は、本当に少ないです。ドラッグストアなどで、探してみてください。指とか足用(魚の目)みたいなのはたくさんありますが、顔のイボ用なんてないです。
     

    ヨクイニンは顆粒?錠剤?

    各メーカーから販売されているヨクイニンには顆粒、錠剤の二つの製品あるケースが多いです。ヨクイニンの顆粒と錠剤だと、どっちがイボ改善が早いのか?考えたりすると思いますが、顆粒も錠剤も効果的な部分ではあまり変わりません。

    ヨクイニンの顆粒と錠剤の違いは、『飲みやすさの違い』だけです。

    また価格面でいうと錠剤よりも顆粒タイプの方が高額となるケースが一般的です。1回分のヨクイニンを包装しなければいけませんので、その分が余計に高くなります。

    ヨクイニンを飲み始めてもイボが良くなるにはどうしても時間がかかります。何度もヨクイニンを飲むことを考えると、少しでも安くするために間違いなく錠剤タイプの方がおすすめといえます。
     

    飲むヨクイニン以外には何があるの?

    管理人の場合は顔にイボができてしまったのですが、改善する方法としてはヨクイニンを飲むのと、顔に使えるクリームや美容液を塗るの二つでした。

    漢方薬のヨクイニン以外にもイボケアに使えるものはあります。ただ顔のイボ用に使えるものはあまり多くはないのですが・・・。下では顔のイボケアに使える一覧を紹介しています。

    オールインワンジェル
    item2-300x300

    参考記事
    >> 艶つや習慣

    軟膏クリーム
    item-300x300

    参考記事
    >> ぽるっつるん

    オイル
    y_ph23

    参考記事
    >> アプリアージュオイルS

     
     
    サプリメント
    y_ph25

    参考記事
    >> DHAハトムギ

    美容液
    y_ph24

    参考記事
    >> ポロリンボ

    洗顔ソープ
    y_ph22

    参考記事
    >> ハトムギ泡ソープ

     
    ヨクイニンはとにかく時間がかかります。顔にできてしまったイボの場合は、オールインワンジェルやオイルなどを併用してヨクイニンとのダブルを気長に続けていくのがおすすめです。
     

    飲むヨクイニン以外にイボと戦うためには?

    イボ治療はヨクイニンの漢方を飲むのが一般的ですが、いかんせん治りが遅いです。早くないではなく遅いです。実際に飲んでみるとわかります。

    漢方のヨクイニンで治らない場合は、やはり『飲む』だけではなく『塗る』。これも手段として検討したいです。イボ治療で塗るタイプは多くありません。

    ドラッグストアに行っても顔イボケアに塗るタイプ(足用などはあるのかな?)はなく、漢方以外に選択肢がありません。顔のイボ対策として、塗るタイプのものを探すのであれば、これもやはりweb上で探されるのが良いです。

    美容液やクリームなどもありますが、おすすめはオールインワンジェルの『艶つや習慣』です。

    item2-300x300

    ハトムギエキスが配合されたオールインワンジェルでイボにハトムギ(ヨクイニン)エキスを直接塗りこむ感じです。

    肌を保湿をするとともにヨクイニンを飲むのではなく、直接イボのある肌へアプローチできるので漢方薬のヨクイニンと合わせて使いたい。

    またオールインワンジェルなのでお肌を保護する役割としても使えますのでイボの悪化に繋がるお肌トラブルの防止にも良いですね。

    顔のイボ用として使えるものは非常に少ないですので、とくに顔のイボでお困りの方はぽるっつるんを一度使ってみては? 

    公式サイト>>艶つや習慣
     

    他に顔のイボに塗れるものはある?

    正直本当にヨクイニン以外はない!というレベルでないです。しかし顔、お肌ですので、軟膏クリームや美容液などで保湿してあげることは通常のスキンケアと同じように大切です。

    item-300x300イボへのピンポイントアプローチでおすすめなのが『ぽるっつるん』という、軟膏クリーム。

    市販されている顔用のイボ対策としては、唯一のイボ用軟膏クリームだと思っています。

    >ガンコな顔イボも治す『ぽるっつるん』の凄さとは?

    管理人は軟膏とヨクイニンの併用で、イボがとれ、ほぼ分からない程度になりました。

    とはいえ、すぐになくなったわけではありません。長期戦を覚悟でヨクイニンはあきらめずに飲み続けることが、結果的に良かったと思います。

    「漢方 ヨクイニン」のランキング 1位~5位

    1位2位3位4位5位

    クラシエヨクイニンタブレット 540錠


    成人1日の服用量18錠(1錠120mg)中
    ヨクイニンエキス・・・1,500mg
    一ヵ月分

    イボ治療の鉄板漢方です。価格も安いです。540錠だけど、一日に18錠も飲まないといけませんので、けっこうすぐに飲み終わってしまいます。管理人も何回もリピートしました。

    本草ヨクイニン錠S 360錠


    1日量18錠(大人の1日服用量)中、
    日本薬局方ヨクイニン末:4200mg
    20日分

    こちらもクラシエのヨクイニン錠に匹敵するくらい良いですが、やはり一日18錠飲むのであっという間になくなります。360錠ではちょっと足らない感があるかも。

    日局 ヨクイニン末 200g


    1日量 6g中
    日本薬局方ヨクイニン 6.0g
    33日分

    付属のサジ約1杯をお湯などで飲む粉末タイプ。飲みにくいですが、あまり気にならない方はチャレンジしてみるのも良いかもしれませんね。粉末苦手な方は錠剤がおすすめです。長い期間飲むので。。。

    ヨクイニンS「コタロー」 720錠


    1日量15錠(大人の1日服用量)中、
    ヨクイニンエキス・・・2.00g
    48日分

    720錠と大量に入っている、ヨクイニンの錠剤タイプ。イボ治療の長期戦、また一度に飲むヨクイニン錠の多さを考えるとこのくらいの量があっても良いかもしれません。

    ヨクイニン顆粒クラシエ 45包


    1日量3包(大人の1日服用量)中、
    ヨクイニンエキス・・・1,500mg
    15日分

    顆粒タイプのヨクイニン。錠剤タイプよりはのみにくいが、それほどまずくはないので顆粒もいける方であればありか?ただ飲み続けますので、飲みにくさはやや気になるポイントです。

     

    Copyright© ヨクイニンでイボ治療ガイド! All Rights Reserved.